新しいキッチンを選ぶポイントまとめサイト

>

失敗しないために、知っておきたい注意点

I型とL型

I型のキッチンとは、シンクやコンロなどの調理機器、調理台、キャビネットなど全てのものを横一列に並べたキッチンで、一番シンプルで昔ながらのデザインです。スペースが小さくても配置することができますし、コストも他の形に比べて安く済みますので現在の一般家庭では最も多く使用されています。L型のキッチンは、シンクやコンロなどの調理機器、調理台、キャビネットをアルファベットのLの字のような配列にしたキッチンです。並んでいる順番は家庭によってそれぞれですが、作業スペースが比較的広く取れることや、あまり移動しなくてもシンクからコンロに移動できたり、キャビネットから物を取ることが出来たりと調理を非常にスムーズに行うことが出来るということから人気のある形です。

Ⅱ型とU型

Ⅱ型のキッチンとはシンクと調理をするスペースを2箇所に分けたキッチンで、その間を移動して調理を行うことが出来ます。収納スペースを多くとることができますし、調理スペースも広く取ることが出来ますのでキッチンにものを多く置きたい方や広々としたスペースで調理をしたい方にはおすすめの形です。その一方で、キッチン自体のスペースが広くなりますので、それだけのスペースを部屋の中で確保できるかどうかということが問題になります。U型のキッチンとは、シンクやコンロなどの調理機器、調理台、キャビネットなどがアルファベットのUの字のように配列されたキッチンです。全てのものが手の届く範囲にあるようになりますので、調理をする上での移動が少なくですみ、効率的に調理をすることができます。広い調理スペースもとることができますが、やはりその分部屋の中でそれだけのキッチンスペースを確保しなければならなくなります。


この記事をシェアする