新しいキッチンを選ぶポイントまとめサイト

>

レイアウト選びはとても重要

レイアウトの種類

まずは、壁付けタイプです。壁に面していて、部屋の中でスペースをとらないというところが魅力です。壁に向かって調理をするので集中して行うことが出来る一方で、背面からみると丸見えになってしまうので片付けが大変という一面もあります。
次に、現在日本の住宅で一番多く用いられている対面タイプです。ダイニングに向かって調理をすることができるので、家族の様子を把握したり会話をすることができます。
海外では多く用いられ近年日本でも人気のあるアイランドタイプです。壁に面するのではなく、その名の通り島のように独立しているキッチンです。コンロや作業台などを囲むように調理を出来ますので、何人かで料理をする際には便利ですが、ダイニングと仕切られていないので臭いや汚れなどのケアが必要になります。
その他にもキッチンが完全に1つの部屋として独立しているタイプもあります。

レイアウトはどうやって選んでいけば良い?

では、様々なレイアウトの中からどのように選べば良いのでしょうか?
まずは見た目のデザインや、部屋の中でキッチンをどのような位置づけで置きたいかという視点で選ぶのもよいでしょう。キッチンをインテリアの一部として考えるのであればアイランドタイプなどおしゃれに見えるものがおすすめです。
また実際に調理を行う上で動線はどうなのか、キッチンの中は周りからどう見えるのかということも考えなければなりません。
そして、毎日調理をするので匂いや汚れなどのマイナスな面はどうするのかということもきちんと考えて選ぶようにします。こまめに掃除が出来ないのであれば、キッチンの中が丸見えになってしまう壁面タイプやアイランドタイプ、仕切りがなく匂いや汚れがダイニングまで広がってしまうようなレイアウトは避けたほうがよいでしょう。


この記事をシェアする